バリウム 便 出ない

バリウムを飲んだ後に便が出ない場合

スポンサーリンク

通常の企業に務める社会人であれば、1年に1回は会社で集団健診として健康診断を受診されると思います。
その中でX線胃透視検査に際してバリウムを摂取して受診します。
しかし、その後が大変で下剤の錠剤をもらってバリウムを便として早く排出しなければなりません。
なぜならばバリウムは早く排泄しなければ、腸の中で固まってしまい、腸に詰まって腸閉塞を起こしてしまうからです。
そのため、通常であれば、健診後2錠を水と一緒に飲んで、排泄されるのを待ちますが、個人差があり、夕方まで何も出てこない方もいます。
その場合は、もう2錠を追加で飲みます。
その後に出ない場合でも、深夜に腹痛で起きて便を排泄することが多いです。
その際はある程度固形化はしています。
1週間しても出なければ病院を受診することをお勧めいたします。

スポンサーリンク

出ないと焦らなくてもいいようにバリウム検査を受けたら水を多く飲むことです。
野菜など繊維質の多いものを食べるのも良いと思います。
しかし、アルコールは止めた方が良いです。
アルコールはバリウムを固める可能性があるためです。
そして、下剤についても多めにもらっておき検査後から倍以上の錠剤を呑んでおくのも綬便としては良いと思います。
なぜならば、薬の成分が年毎に変わり、他人に応じての効き目が変わってくるからです。
どうしてもその検査を受診したくない人は胃カメラという方法もあります。
これについては、集団検診では受けられなく個人で受けないといけません。
しかし、胃透視検査よりも精密で胃がん、食道がんの早期診断において遥かに優れております。

スポンサーリンク

バリウムを飲んだ後に便が出ない場合関連ページ

飲んだバリウムをスムーズに排便するコツと量の確認方法