便 赤い 食べ物

便が赤い時は血液だけでなく食べ物によることもあります

スポンサーリンク

便に赤い物が混じっている時は、何か病気なのでしょうか。
この場合は病気ともいえますし、病気でないともいえます。
もしその赤い物が血液であった場合は、これは病気なのでしかるべき対処方法が必要です。
鮮やかな赤の場合は、赤痢や食中毒の可能性があります。
また肛門近くに何らかの病気がある、たとえば大腸がんとか潰瘍性大腸炎ということも考えられます。
一方黒ずんだ赤は、大腸の上部など、肛門から離れた場所の病気のこともあります。
特に下痢や発熱がある時は要注意です。
しかし内臓の病気でない場合も、赤い便が出ることがあります。
痔がある場合とか、女性は生理の時も血液が混じることがありますし、トマトなどの赤い色の食べ物を摂りすぎた時はやはり赤くなります。

スポンサーリンク

赤い色のみならず、普通と違う色の場合は、何かしら体の異常を示しているといっても過言ではありません。
たとえばこげ茶色の場合は、便秘の可能性がありますし、黒くてコールタール状の場合は、胃や十二指腸に異常があることが多いのです。
ただし黒っぽくてもコールタール状でない場合は、単に便秘がちということもあります。
それから白や灰色の場合は、ロタウイルス感染や膵臓障害が疑われますが、子供が白っぽい下痢をした場合は、白色便性下痢症のこともあります。
また同じ下痢であっても、特に過敏性腸症候群は黄色くなることがあります。
また緑色のが出る時は、葉緑素を多く含んだ食べ物などが原因ですが、濃い緑色になると黄疸の可能性もあるので要注意です。

スポンサーリンク