便 茶色 理由

便はなぜ茶色なのか、その理由と病気と思われる便の色について

スポンサーリンク

ちょっと汚い話ですが、便の色は茶色というのは皆さんもご存知でしょう。
しかしなぜ茶色なのか、その理由はご存知でしょうか。
これには、実は胆汁の存在が大きく関係しています。
胆汁というのは肝臓で作られる消化液で、胆嚢に一時貯蔵されます。
この胆汁に含まれるビルビリンという液体により、健康な便は茶色、または黄褐色となるわけです。
とはいっても、こげ茶色の場合はその分長く腸内にとどまっているため、便秘の可能性があります。
水分を摂るなどして腸内環境を整えておくのがいいでしょう。
また色によっては病気である可能性も高いので、かなりおかしな色の物が出た場合には、病院へ行って検査をすることをお勧めします。
それでは、どのような色が異常であるといえるのでしょうか。

スポンサーリンク

まず赤い場合です。
この場合最大の理由は潜血で、食中毒や赤痢、そして大腸の病気などでよく見られますが、トマトなどの赤い物を食べ過ぎた場合も赤くなることがあります。
また肛門に近いほど鮮やかな赤となり、肛門から遠い部位の病気では、黒ずんだ赤になります。
一方で胃や十二指腸から出血がある場合は、黒っぽい色をしていて、コールタール状の物が多いです。
また白は灰色の場合は、ロタウイルスによる物や内臓の病気の可能性が高くなります。
そして緑色の便ですが、下痢の場合、そして葉緑素を多く含んだ食品を摂った場合に見られますが、濃い緑色の場合は黄疸のこともありますので、病院に行った方がいいでしょう。
また黄色い便で下痢の場合は、過敏性腸症候群が疑われます。

スポンサーリンク