便 粘液 白

便に白っぽい粘液が絡む、又は便そのものが白い時は何の病気ですか

スポンサーリンク

便に白っぽい粘液状のものがついて出てきた場合は、何か病気ということなのでしょうか。
通常の便についているのであれば、まず心配がありません。
恐らく、大腸壁が何かで傷つき、それを修復するための粘液が一緒に排出されたもので、日が経つにつれて出て来なくなりますし、元々は、便をスムーズに排出するための潤滑剤的な役割のものでもあります。
そのため潤滑油的な存在が必要とされない下痢の場合は、粘液だけが排出することもあります。
しかし、長期にわたって排出される場合は、何らかの病気を疑ってみたほうがよさそうです。
無論この場合も、たとえばヨーグルトのような物質が一緒に排出されているという可能性はありますが、徐々に増えて来ていたり、腹痛が起こったりする時は要注意です。

スポンサーリンク

特に下痢で白い粘液が絡む場合は、過敏性腸症候群や潰瘍性大腸炎、またはアレルギー性の下痢などが考えられます。
このアレルギー性の下痢とは、たとえば乳製品や卵といった特定の食物や、薬物に対して起こる下痢のことです。
また、白色便性下痢症という子供の病気がありますが、その時も白い下痢が出ますし、肝臓や胆道に異常がある時は灰白色になることもあります。
また便に血が混じる時も、病院に行った方がいいでしょう。
女性の場合は生理時に血が混じりやすいということもあり、また痔などの症状で血が混じることもありますが、いずれの場合も該当しない場合、特に下痢があって出血が認められる場合も病院に行くようにしましょう。
いずれの場合も診療科は胃腸科になります。

スポンサーリンク