便の色

便の色記事一覧

便に真っ赤な鮮血が混じっていて驚いたことがある人は多いのではないでしょうか。下痢などの症状がなくお腹が痛くない血便の場合は、痔の可能性が高いです。鮮血が混じるということは、肛門付近の出血であることが考えられるからです。逆に黒っぽい血便は、胃や食道や十二指腸や大腸の奥の方からの出血であることが考えられます。しかし、鮮血だからといって痔であると決めつけて安心してはいけません。肛門付近の直腸の疾患などが...

便に粘液が混じることがあるのですが、そのまま放っておいても大丈夫でしょうか。正常な便には粘液や血液などがついていないと言われています。もし色が透明、あるいは白色などであれば、そのまま無視していても問題はありません。恐らくその場合は、大腸の内側に何かで傷がつき、それを修復するための粘液が便に混じって排出されている状態だからです。しかしそれが何日もしつこく続く、他にも下痢や腹痛などがある場合はこれは要...

皆さんはトイレで大をしたときに、自分の便をしっかり確認することがあるでしょうか。普段ならあまり気にしないかもしれませんが、便の状態で自分の健康状態が分かるとなれば見直す方もおられることでしょう。まずは固さや量、そして色などが自分で確認出来ることでしょう。通常、健康な場合であるなら固さは感覚でだいたい想像できますし、量に関しても似たような判断が出来ると思います。ただ、色に関しては悩む場合があるかと思...

ちょっと汚い話ですが、便の色は茶色というのは皆さんもご存知でしょう。しかしなぜ茶色なのか、その理由はご存知でしょうか。これには、実は胆汁の存在が大きく関係しています。胆汁というのは肝臓で作られる消化液で、胆嚢に一時貯蔵されます。この胆汁に含まれるビルビリンという液体により、健康な便は茶色、または黄褐色となるわけです。とはいっても、こげ茶色の場合はその分長く腸内にとどまっているため、便秘の可能性があ...

大人が排泄する大便は胆汁に含まれるビルビリンの影響で通常は黄色がかった色をしています。しかし稀に緑色をした大便が排泄されその異様な色にびっくりしてしまうと言うケースがあります。大人の大便が緑色に変化している場合は、小腸や大腸の働きが鈍ってしまい大腸で胆汁が上手く吸収されない為にビルビリンが酸化していると考えられます。小腸や大腸の働きを鈍らせてしまう原因は暴飲暴食や刺激物の過剰摂取等ですが、海藻類や...

赤茶色の便が出てびっくりしたことがある人は多いのではないでしょうか。赤茶色の便が出る主な原因としては、食べ物によるもの、痔によるもの、胃腸の疾患によるものなどがあります。食べ物が原因の場合についてですが、トマトジュースなどの赤いものがそのまま消化されて便の色に反映されることがあります。これはよくあることなので問題ありません。痔が原因の場合は、肛門での出血によるものなので真っ赤な鮮血が出るという特徴...

過敏性腸症候群は、慢性的に腹痛や不快感に下痢などの症状を伴う病気のことで、特に若い世代に見られます。体内の異常が見られないのが特徴で、お腹以外にも精神的・全身性の症状が起こることもあります。繊細で几帳面な人が罹りやすいとされています。症状としては、下痢型と便秘型、2つの症状を繰り返す混合型の3種類があります。下痢型は、1日に数回突如として起こりやすく、排泄の際は黄土色に近い色となります。原因はスト...

便に赤い物が混じっている時は、何か病気なのでしょうか。この場合は病気ともいえますし、病気でないともいえます。もしその赤い物が血液であった場合は、これは病気なのでしかるべき対処方法が必要です。鮮やかな赤の場合は、赤痢や食中毒の可能性があります。また肛門近くに何らかの病気がある、たとえば大腸がんとか潰瘍性大腸炎ということも考えられます。一方黒ずんだ赤は、大腸の上部など、肛門から離れた場所の病気のことも...