白い便

白い便記事一覧

脂肪便は排出される大便に脂肪分が過剰に含まれている状態を指します。通常の大便は食べ物のカスや古くなって剥がれ落ちた腸壁の組織に一定量の水分と脂肪分が含まれていますが、脂肪便は脂肪の割合が高いため水に浮き、特有の悪臭を放つ特徴があります。また、大便の表面に脂肪分が浮き出ることもあるため、稀に脱糞することもあります。脂肪便は消化器官などの臓器の疾患によって引き起こされる他、ダイエットの際に服用する減量...

便に白い粘液状のものが混じることがあるのですが、これは腸か何かの病気でしょうか。この場合まず考えられるのは、大腸の内側に何かの理由で傷がついてしまった場合です。その傷を修復するための粘液が、便にもくっついて出て来るという可能性が一番高いです。傷が治ってしまえば、白い粘液上のものも混じらなくなります。この粘液は大抵油膜状、あるいはヨーグルト状のものであることが多いです。また、下痢の場合は便を移送させ...

便に白っぽい粘液状のものがついて出てきた場合は、何か病気ということなのでしょうか。通常の便についているのであれば、まず心配がありません。恐らく、大腸壁が何かで傷つき、それを修復するための粘液が一緒に排出されたもので、日が経つにつれて出て来なくなりますし、元々は、便をスムーズに排出するための潤滑剤的な役割のものでもあります。そのため潤滑油的な存在が必要とされない下痢の場合は、粘液だけが排出することも...

脂肪便とはその名のとおり、過剰な脂肪がある状態の便のことを言います。マーガリンのように油が浮いたような光沢があるものや、サラダ油のような液状のドロッとした便で、脂肪が含まれるため、色はクリーム色や黄色で、比重が低いため水に浮きます。酸味のある臭いがすることもあります。脂肪便は体の中に取り入れた脂肪が十分に吸収されずに便に排出されたものです。焼肉や揚げ物などといった脂っこいものを食べすぎたり、脂肪の...

排便は人間の生理現象の一つであり、色で現在の健康状態も把握する事ができ、黄色また茶色の便であれば健康そのものであります。時折、白い便の塊が出てしまう人もいて、それに悩みや不安を抱えている方も多い傾向であります。原因としては暴飲暴食・高脂肪の食生活をしていたり、下剤等の影響だったり、バリウムが影響していたり、胆管の状態が悪いといった理由が挙げられています。改善するにはどうしたら良いのかというと、生活...

お子さんの便が白いので、何か病気ではないかと心配しているお母さんはいませんか。これには病気である場合と、病気でない場合があります。病気で考えられるのは、まずウイルス性胃腸炎です。特に冬場はロタウイルスやノロウイルスによる胃腸炎にかかりやすく、この時は白色の下痢をします。またそれ以外に嘔吐や発熱を伴うこともあります。胃腸炎以外にも、幼児の病気で白い便が出るケースはいくつか考えられます。たとえば乳糖不...