腸内異常発酵 原因 対策

腸内異常発酵防ぐにはどうする?

スポンサーリンク

腸内異常発酵をそのままにしておくと大便が臭くなります。
おならも強烈なにおいになりますね。
そもそも腸内異常発酵というのはどうして起こるのでしょうか。
まず腸内細菌のバランスがくずれていることから起きると考えられます。
理想的な腸内細菌バランスは善玉菌、悪玉菌 日和見菌のバランスが、2:1:7といわれています。
異常発酵がおきて便の臭いがひどかったり、おならが異常に臭いばあいはこのバランスが崩れているのですね。
腸内細菌のバランスが崩れるのはいろいろ原因があるといわれています。
食生活が欧米化したことです。
肉がメインの食事になり消化しきれなかったタンパク質や脂質が悪玉菌のエサとなります。
悪玉菌には大腸菌やウェルシュ菌といったものがあり、これらはタンパク質や脂質を腐敗させ、分解するときに強烈な悪臭のもととなる物質を発生させます。
そのためおならが臭くなるわけです。
悪玉菌が優勢になり腸内環境が悪くなると便秘にもなりやすくなるとのこと。
便が長い間腸にとどまっているとますます腸内環境は悪化し、異常発酵が起こります。
気持ちよく健康的なうんこを出すことができなくなるわけですね。

スポンサーリンク

腸内異常発酵を防ぐにはまず腸内細菌のバランスを整えることが大事になってきます。
善玉菌を優勢にするわけですね。
善玉菌を優勢にするにはまず毎日の食事で善玉菌が繁殖するようにすること。
プレバイオティクスといって善玉菌のエサをおおくとって生息しやすい環境を整えることになります。
そして発酵食品を毎日とって善玉菌を補うことも行います。
これをプロバイオティクスといいます。
善玉菌は腸内に長くとどまっておくことができないので定期的に補う必要があるのです。
腸内異常発酵がなかなかおさまらなくて・・・というひとはもしかしたらどちらかしか行っていないかもしれません。
両方を意識して腸内異常発酵を防いでみてください。
腸内環境の改善には最低でも2週間はかかるといわれています。
まずは2週間は続けてみてくださいね。
どうしても不安というひとはお医者さんに相談してみるのも大事ですよ。

スポンサーリンク