大腸がん 食事 予防

大腸がんは食事で予防できるのか?

スポンサーリンク

私達の体は日々の食事で成り立っています。なので食事を見直す、改善するということはとても大事なことなんですね。
それでは大腸がんは食事で予防できるのでしょうか。
大腸がんは食事を見直すことで、予防できるといわれています。
大腸がんが発症する原因というのははっきりとはわかっていません。
ただ高タンパク、高脂肪の食事、繊維質をあまりとらない食事と関わりがあると言われています。
なので日々の食事を気をつける、生活を見直すということは予防には大事な要素ですね。
日本では男女とも大腸がんで亡くなる人が増えています。
特に女性にいたってはがんによる死亡原因の1位です。
大腸がんはこれだ!という自覚症状がはっきりせず面倒な面もありますね。
早期発見することが大事であるということと、大腸がんにならない体づくりのために食事面でも予防しておくことがとても大切です。
これまで食事に関して無頓着だった人は見なおしてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

大腸がんの発症しやすい食事というと高脂肪のものと言われています。
肉食ばかりというひとは一度食事を見なおしてみるといいですね。
脂肪分の多い肉を食べることが多いというひとは脂肪分の少ない肉に変えるだけでもリスクを低くすることができるでしょう。
脂肪分の少ない肉というと鶏肉やレバーといった肉です。
いきなり肉を少なくするのは大変というひとは1食を肉ではない食事にしてみる、脂肪分の少ない肉を取り入れてみるという方法をためしてみるといいでしょう。
また、果物をたくさん摂取するのもオススメです。
食事をした後のデザートには、ケーキよりも果物を取り入れるようにすると大腸がんの予防に良いと思います。
そして、意外と忘れがちなのが塩分です。
塩分を控えた食事にすることも、大腸がんの予防に大事だと言われていますね。
中年すぎてからの塩分のとりすぎはいいことなしです。
また大腸がんが発症しやすい年代も40代以降の中年と言われています。
塩を控えめにすることが大事です。

スポンサーリンク