大腸がん 予防

大腸がんの予防について〜腸内環境の悪化は関係するのか?

スポンサーリンク

日本人がかかるがんの中で多いのが大腸がんです。
女性にいたってはがん死亡原因の第一位が大腸がんという驚きの結果が出ていますね。
何故大腸がんが増えているのか、原因はいくつか考えられます。
まずは食生活の欧米化。
高タンパクや高カロリーの食事をとる機会が多くなったことにより便が大腸に多くとどまるようになったためと考えられます。
また悪玉菌が増殖しやすい腸内環境になりやすく、がんが発生しやすくなったと言われています。
腸内環境が悪化すると老廃物が体外に排出されにくくなり、、体には悪影響があります。
そのほか高齢化、喫煙、アルコール、肥満、遺伝さまざまな理由があげられていますね。
大腸がんは早期発見することが大事だと言われています。
40代をすぎたら定期的に検査をすることが望ましいでしょう。
大腸がんを予防する生活を送ることも大切になってきます。
肉や高カロリーの食事を摂ることが多いひとは食事面を見直す必要があります。

スポンサーリンク

肉が好きな人は赤身の肉ばかり食べるのではなく鶏肉や魚などもバランスよく食べるといいでしょう。
大腸がんを予防するには野菜や果物をとるといいといわれてきました。
最近ではそこまで予防に役立つわけではないというデータも出ています。
野菜ばっかり食べようとしゃかりきになるのではなく、バランスのよい食事を考えて野菜を摂るようにするというスタンスでいいのではないでしょうか。
腸内環境の悪化が大腸がんにも関わっているということを考えると、腸内環境を改善することはとても大事です。
便秘などの症状は早めに解消することが予防にもつながりますね。
便利な世の中になってあまり動かないでも事足りるようになってきました。
意識しないと運動もあんまりしないという人も増えています。
大腸がんの予防には適度に運動することも重要でしょう。
忙しくて運動に時間がとれない人は移動の時に階段を使ってみる、少し早足で歩くなど工夫してみると意外と運動できるものです。

スポンサーリンク