かくれ便秘 便臭

かくれ便秘の症状とは便臭もひどくなってきた場合の解決方法は?

スポンサーリンク

毎日排便をしているけどなんだか残便感がある、という場合はもしかしたらかくれ便秘かもしれません。
全然うんこが出ないなら便秘だ!と自覚しやすいのですが、かくれ便秘の場合それなりに排便しているのでなかなか気が付かないことが多いのです。
それでも便秘ですので、ほうっておくと肌荒れしやすかったり、体が思い、疲れやすいという体の不調につながります。
自分がかくれ便秘かそうでないかを知るには自分の便をチェックすることが大事です。
量が少なかったり、かたすぎたりという場合は便秘の可能性大です。
そして大事なのが便を出した後にすっきりしているかどうか。
もし毎日排便してもすっきり感がない場合は便が残っているかもしれません。
毎日排便がなくても出した後すっきり感がきちんとある場合は便秘ではないと言われています。
なので便は出す回数ではなくいかにきちんとしたものを出しているかが大事になってくるんですね。
私の場合残便感などはないのですが、生活のリズムが崩れた場合た固くてころころした便になることがあります。
便の水分が少なくなって固くなってしまっているのです。

スポンサーリンク

これは出す時に痛いですし、出した後もすっきり感がありません。
バナナの形でほどよい柔らかさがある便が出るように食事などを気をつけていくことが大事です。
便がきちんと排出されていないとそれが腸に滞留便としてとどまり腸内環境を悪化させます。
悪化した腸に長く便がとどまるためにそのにおいはひどくなりますね。
またおならも出やすくなりそのにおいも「げげっ!」というくらい臭くなります。
かくれ便秘を解消し、便臭を解消するには腸内環境を改善していきましょう。
まず便秘の人は水溶性食物繊維を摂ることを心がけます。
日本人におすすめなのは海藻です。
海藻は水溶性食物繊維を多く含み便を柔らかくするだけでなく、これをエサに腸内細菌を増やす働きがあります。
海藻を栄養として分解できる遺伝子をもっているのは日本人だけと言われており積極的に摂るといいでしょう。

スポンサーリンク