大腸がん 検診 検査

大腸がん検診、検査方法とは

スポンサーリンク

大腸がんは早期発見が大事だといわれています。
40代を過ぎたら定期的に検査することがある意味大腸がんの予防にもなります。
そうはいっても「検査が怖い」「どうやるの?」と不安が多いのも事実です。
詳細は自分がかかるお医者さんに確認することのが第一ですが、ここではどういう検査を行うのか基本的なところを説明しているので参考にしてください。
大腸がんの検診方法はまず便潜血検査を行います。
これは便に血液が混ざっていないかどうかを調べること。
もし大腸がんやポリープなどがあると腸内を便が移動するときに擦れて血液が混ざります。
なのでまず便を検査して血便ではないかどうかをチェックすることが大腸がん検査の第一段階になります。
この検査は2日分の便を採取して検査を行います、自宅で便の採取ができて食事制限も必要ないのがありがたいですね。
まずは便潜血検査を行いましょう。

スポンサーリンク

ちなみに市区町村で行っている大腸がん検診の方法もまずは便潜血検査です。
もしここで血便といった結果がでたらさらに詳しい検査を行うことになります。
肛門部分から細い管の先についたカメラを挿入して、腸の内部を見る内視鏡検査、また口からカメラを挿入する内視鏡検査もあります。
また大腸に肛門からバリウムと空気を注入してX線撮影をすることで調べる注腸X線検査もあります。
がんは早期発見が大事なので、40代すぎたら定期的な検査を行うといいでしょう。
会社勤めのひとは職場で健康診断を受けられる人が多いですし、その機会を設けてあるので検査を受けやすいです。
仕事をしていない人、職場で健康診断をしないというひとは自分で検診を受ける必要があります。
市区町村でがん検診を実施しているのでそのシステムを利用していきましょう。
大腸がん検診の申し込み方や詳細は自分が住んでいる市区町村で調べる必要があります。
費用も受けやすいものなので積極的に受けて予防していくことが大事ですね。

スポンサーリンク