便 黒い 臭い

便が黒い場合や臭い時に考えられる病気

スポンサーリンク

便の色は食べたものにも大きく影響されます。
食べ物による黒い便ならそこまで心配する必要はありません。
しかしイカ墨や墨汁のような黒いのが出たら注意が必要になります。
胃や十二指腸などの上部消化管の病気が考えられるからです。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍などで出血があると、始めは赤かった血液も腸の中を通ると酸化されます。
酸化された血液はイカ墨や墨汁のような黒い色に変わります。
潰瘍や急性の胃炎などの場合は時々おこり、生涯に一度程度出る場合があります。
いつも出るようになると胃癌の可能性があります。
臭いも伴なう黒い便が毎日のように続くのであれば早急に消化器の専門医の受診が必要になります。
また潜血検査でも調べる事が出来るので近くの医療機関を受診して出血の有無を調べる事が重要になります。

スポンサーリンク

臭いや黒い便が出た場合は、その色の程度によって大きく変わります。
食事によって食べたものが影響されるからです。
しかしコールタールのような真っ黒な場合は注意が必要になります。
このような場合は腸の上部もしくは胃または十二指腸などの上部の消化管に何らかの原因で出血がある場合が多いからです。
人間ドッグなどの検診で便の潜血検査でも陽性になった場合はただちに専門の医院で精密検査を受ける必要があります。
上部の消化管で出血が起こると排便するまでの間に血液は酸化されますので色が黒くなります。
胃カメラの検査や大腸の検査をするなどの対策を取る事によって早期の発見が可能になりますので、治療後の予後が非常に高くなり安心出来ます。
常に自分の便の状態をチェックしておくとちょっとした変化にも気づくことができます。
便に異変を感じたらすぐにお医者さんに相談してみるといいでしょう。

スポンサーリンク