タール便 特徴 終末期

終末期のガンはタール便が特徴なのか?

スポンサーリンク

健康状態を見るときに便の状態を見るとわかります。
便は体内の排泄物ですので、色や匂いで異常がチェックできるのです。
注意が必要なのはタール便が出た時です。
タール便というのは黒色便のことで、胃や十二指腸から出血していると出やすいという特徴があります。
胃から出血する病気としては、胃潰瘍や胃ガン、重症の胃炎などがあります。
十二指腸から出血する病気としては、十二指腸潰瘍や十二指腸乳頭部ガンなどがあります。
またタール便の特徴として、少量の出血ではなくかなりの出血がないと黒くならないのです。
早期の胃ガンではわずかな出血ですので、黒い便は出ないのです。
大量に出血している場合は、終末期の胃ガンである可能性があります。

スポンサーリンク

そのような黒い便が出た時は、早めに胃カメラを飲んで検査をする必要があります。
また直腸ガンなどのように肛門に近い部位からの出血では、黒い便よりも暗赤色の血便が出ます。
よくいわれる血便というのは、大腸ガンや重症の大腸炎によく見られる特徴ですが、その場合もタール便ではなく赤色の便が出ます。
黒い便が出た時には一応終末期のガンを想定して検査をします。
しかし必ずしもそうと決まったわけではなく、大量の鼻出血や口腔内出血があって、それを大量に飲み込んだ場合にも黒い便が出るのです。
どちらにしても早めに専門医の検査を受ける必要があります。
自分で勝手にタール便だと思い込んでいるケースもかなりあるのです。
自己診断をしないことも大事です。

スポンサーリンク