便 血 鮮血 痛くない

鮮血が混じりお腹が痛くない血便や黒っぽい血便

スポンサーリンク

便に真っ赤な鮮血が混じっていて驚いたことがある人は多いのではないでしょうか。
下痢などの症状がなくお腹が痛くない血便の場合は、痔の可能性が高いです。
鮮血が混じるということは、肛門付近の出血であることが考えられるからです。
逆に黒っぽい血便は、胃や食道や十二指腸や大腸の奥の方からの出血であることが考えられます。
しかし、鮮血だからといって痔であると決めつけて安心してはいけません。
肛門付近の直腸の疾患などが原因であるかもしれないからです。
その場合は、鮮血と同時に粘液を伴うことがあります。
お腹が痛くないこともあります。
このような症状は放置すると悪化してしまう危険もあります。
大きな胃腸疾患が隠されているかもしれませんので病院を受診してきちんとした検査をするのがよいでしょう。

スポンサーリンク

まず便の検査を受けてみるといいですね。
そこで血便などある場合はさらに詳しい検査をすることになります。
病院での検査は、腹部エコーや胃カメラや大腸内視鏡などで行います。
考えられる胃腸疾患としては、胃潰瘍、胃がん、食道がん、十二指腸潰瘍、大腸ポリープ、感染性腸炎、潰瘍性大腸炎、大腸憩室炎、大腸がんなどがあります。
これらの胃腸疾患は早期発見と早期治療がカギとなります。
定期的に健康診断や人間ドックなどを受診するのが有効です。
そして、これらを予防するためには普段の食生活や生活習慣を見直すことも重要になります。
胃腸の障害はストレスも大きく関係していますので、ストレスをためない工夫をすることも大切です。
栄養バランスのとれた食事、適度な運動、質の良い睡眠などの健康的な生活習慣を心がけましょう。
さらに、便は胃腸の健康のバロメーターとなりますので自分の便の状態を常にチェックするということも心がけましょう。

スポンサーリンク