脂肪便 特徴

脂肪便の特徴や体調改善について

スポンサーリンク

脂肪便は排出される大便に脂肪分が過剰に含まれている状態を指します。
通常の大便は食べ物のカスや古くなって剥がれ落ちた腸壁の組織に一定量の水分と脂肪分が含まれていますが、脂肪便は脂肪の割合が高いため水に浮き、特有の悪臭を放つ特徴があります。
また、大便の表面に脂肪分が浮き出ることもあるため、稀に脱糞することもあります。
脂肪便は消化器官などの臓器の疾患によって引き起こされる他、ダイエットの際に服用する減量用の薬剤の成分が原因になります。
そのため、個人によって症状に差が生じやすく、気づかないうちに重篤化するケースもあるのが特徴の一つです。
健康状態を改善させるためには発症の原因を特定して適切な治療を受けるのが最も効果的です。

スポンサーリンク

脂肪便を解消させるためには原因となる疾患を取り除いたり、薬剤の服用を中止する必要があります。
その一方で個人の体質や遺伝によって大便に脂肪が混在しやすいケースもあるため、治療を受ける際は事前の入念な検査が不可欠です。
特に疾患から派生する脂肪便は対処を誤ると症状が重篤化して完治まで時間がかかってしまうこともあるので、専門医による適切な治療を受けられるように慎重に判断するように心がけます。
疾患や薬剤の服用以外に、偏った食事を長く続けることで大便の脂肪分が増加してしまうこともあります。
肉類や加工食品を大量に摂取し続けると脂肪の割合が著しく増加し、悪臭や変色を伴う大便になります。
摂取する食品のバランスを考慮し、脂肪の摂取を控えることで状態を改善させることが可能です。

スポンサーリンク