タール便 特徴 原因

タール便の特徴や原因について

スポンサーリンク

タール便は別名黒色便ともいわれます。
海苔の佃煮のようにドロッとしたその名前の通り黒い便のことです。
もしあなたが急にタール便が出たり、痛みなどがあったら気をつけたほうがいいでしょう。
タール便が出る病気としては胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんが考えられます。
胃や十二指腸から出血すると血液の中のヘモグロビンが胃酸に反応すると黒くなりそれが黒い便のもととなります。
黒いけど血便の一種なんですね。
出血が多ければ多いほど便が柔らかくなりひどいと下痢のようになります。
病気の心配もありますのでまずは病院で診察を受けてみるといいでしょう。
健康な便は黄褐色で歯磨き粉のような程よい硬さをもっています。
よくバナナの形の便がいいと言われていますね。
便の色、においって最近はほとんどが水洗トイレなのであまり見ないですぐ流してしまう人が多いです。
でも便は健康状態をチェックするので役にたつので、排便した後はやはりちらっとでも見ておいたほうがいいです。
黒い便が出た!!といっても全部が全部病気のためというわけではありません。

スポンサーリンク

便秘でも黒い便になることがあります。
また鉄分を補給するために鉄剤を飲んでいる人も便が黒くなります。
食べ物が原因で便が黒くなることもあります。
まず普段の便の色との違い、いつからその便の状態になったかを知ることが大事です。
黒い便の原因には胆汁機能が低下している可能性もあります。
健康な便の色、あの黄褐色は胆汁によるものです。
ちなみに胆汁は、肝臓で生成される黄褐色でアルカリ性の液体です。
便秘が原因の場合は排便がスムーズにいくような環境を作ることが大事になってきます。
最近は腸内環境を整える重要性に注目が集まっています。
腸内に悪玉菌が多いと腸の働きが悪くなり便秘になりやすいです。
便秘状態というのは体にも負担がかかり健康にも影響してきます。
もし黒い便の原因が便秘だった場合は早めに便秘を解消していったほうがいいでしょう。

スポンサーリンク